国家資格である、税理士・弁護士・司法書士

ニュース

サラリーマン
2014/07/25
会計士とは
2014/07/25
行政書士の仕事
2013/10/15
弁護士
2013/10/15
司法書士

税金

kokkasikaku

日本の国民は、所得税、法人税、相続税、消費税等と、様々な税金を納税する義務がある。
税理士は、こういった税金を円滑に納めるようにサポートする事が一般的な仕事である。
サポートをする対象は、中小企業、個人と問わず行っている。

税理士のみに許されている業務は、3つに分類される。
一つ目が、税務代理である。
税務代理とは、中小企業や法人の税に関する申告、申請、請求、不服申立ての代理代行、税務調査の事を指す。
2つ目は、税務書類である。
税務書類は、税務署に提出する書類を作成する事を意味する。
3つ目が、確定申告である。
確定申告は毎年3月の確定申告期に、税金の払い過ぎや不明点などの相談に対応する業務を指す。

確定申告

kakuteisinkoku

確定申告とは個人事業主や年金受給者が、1年間の収入や経費を計算し税務署に申告する作業の事である。
確定申告をする事により、個人の税金の額が確定する。

確定申告で提出する税務書類の作成と申告は、会計の専門知識も必要になる。
その為、個人事業主が自身で確定申告を行うのは難しい。
税理士は、そういった人の依頼を受けて確定申告用の書類を作成する。
そして、作成した書類の申告を代わりに行っている。

国家資格

税理士は、弁護士や司法書士と同様に国家資格である。
その為、税理士の資格を所持している者だけがその職業に就くことができる。

国家資格は、国の法律に基づいて与えられる資格である。
この資格を持たずに税理士の仕事をすると、法律違反となる。


OUT LINK

大阪で税理士をお探しなら@小田事務所
江戸川区で知識が豊富な税理士なら|ひさの会計事務所
優秀な税理士のいる東京の事務所はこちら|株式会社SKC&堀内税理士事務所
新宿の税理士に相談して税務のお悩みを解決しませんか?|福嶋税務会計事務所